»English

AAINewsテーマ別リスト

◇乾燥地における農業と緑化◇

アラブ首長国連邦(UAE)における緑化と植林 アラブ首長国連邦(UAE)における植林活動 第1号(1995)
植林に用いられる樹種 第2号(1995)
植林の方法 第3号(1996)
森林局(Forestry Department)の緑化と植林 第4号(1996)
アブダビ市役所森林部の取り組み 第5号(1996)
今後の課題 第6号(1996)
乾燥地の植物とその利用 乾燥地の植物とその利用(1) 第1号(1995)
乾燥地の植物とその利用(2) 第2号(1995)
乾燥地の植物とその利用(3) 第3号(1996)
乾燥地の植物とその利用(4) 第4号(1996)
乾燥地の植物とその利用(5) 第5号(1996)
乾燥地の植物とその利用(6) 第6号(1996)
乾燥地の植物とその利用(7) 第7号(1996)
乾燥地の農業と潅漑:持続可能性という観点から 乾燥地の潅漑農業 第7号(1996)
パキスタンの洪水潅漑 第8号(1996)
UAEのファラジとオアシス農業 第9号(1997)
シリアの天水農業 第10号(1997)
ジンバブエの農業と補助潅漑 第11号(1997)
乾燥地に特有な問題点と乾燥条件を活かす工夫 第12号(1997)
根をデザインする ワークショップ「根をデザインする」開催第12号(1997)
ホームページ「根をデザインする」 第37号(2002)
ミニ・シリーズ:「根をデザインする」のその後<その1>:ワークショップ以降の動き 第49号(2005)
ミニ・シリーズ:「根をデザインする」のその後<その2>:長根栽培に続く適正技術の開発 第50号(2005)
ミニ・シリーズ:「根をデザインする」のその後<その3>:開発した適正技術の普及手法 第56号(2006)
ミニ・シリーズ:「根をデザインする」のその後<その4>:今後の可能性 第58号(2007)
乾燥地域における水資源の効率的な利用 シリアにおける節水潅漑の導入 第35号(2001)
モロッコにおける伝統的水資源利活用法 第36号(2001)
シリアにおける天水農業の重要性 第38号(2002)
乾燥地における灌漑と節水 現場事例の紹介 農家の灌漑実態 第51号(2005)
試験研究結果と農家実態との比較 第52号(2005)
灌漑農業の拡大と節水灌漑 第53号(2006)
乾燥地域の植物あれこれ
             (続く)
メスキート 第73号(2011)
寄生植物 第74号(2011)
コロシントウリ 第76号(2012)
ヒヨコマメ 第77号(2012)
ナツメヤシ 第85号(2014)

◇人材育成・キャパシティデベロプメント◇

シリアにおける農業普及ならびに普及員訓練 今、なぜ農業普及が大切か? 第31号(2000)
シリアにおける農業普及制度 第32号(2000)
シリアにおける農業普及員訓練 第33号(2001)
シリアにおける農業普及改善計画 第34号(2001)
シリアにおける農業普及員訓練改善業務 第35号(2001)
農業普及と普及員訓練の今後~言い古された問題点と普及の今後について~ 第36号(2001)
「人造り・人材育成」-研修業務への我々の取り組み- はじめに 第43号(2003)
筑波国際センターでの研修事業 第44号(2003)
研修効果を倍増させるフォローアップ活動 第45号(2004)
開発調査、専門家派遣業務に伴うカウンターパート研修 第46号(2004)
第三国研修+技術交換事業による農業技術習得 第47号(2004)
研修事業の課題と将来の方向性 第48号(2004)
農業・農民への支援活動再考-シリアと日本の比較をとおして はじめに 第55号(2006)
公的普及制度の動向 第56号(2006)
試験研究とその普及 第57号(2007)
農産物の集出荷と農協 第58号(2007)
伝統型と未来型:2つの水利組織と日本 第59号(2007)
農業・農民への支援活動再考 第60号(2007)
技術協力活動と研修活動の連携 はじめに 第55号(2006)
フォローアップ型の連携活動 第56号(2006)
技プロとの連携型 第57号(2007)
第三国研修重視型(乾燥地農業分野を事例にして) 第58号(2007)
複合プログラム型 第59号(2007)
今後の展開 第60号(2007)
使えるか日本の栽培技術と篤農家の知恵 はじめに 第61号(2008)
トマトの土壌病害克服のための接ぎ木技術の導入 第62号(2008)
バレイショの種イモは切って植える?それともそのままで? 第63号(2008)
芯止まりトマトでも整枝効果が見られる 第64号(2008)
害虫防除における減農薬の取り組み 第65号(2009)
まとめ 第66号(2009)
研修と普及をつなぐ 研修ニーズの明確化と普及活動に役立つ研修の実施~シリアにおける事例から 第68号(2010)
普及ニーズの明確化と普及活動に役立つ研修の実施~JICA筑波における事例から 第69号(2010)
普及活動に役立つ研修の実施~野菜栽培技術コースにおけるフィールドディ 第70号(2010)
普及活動に役立つ研修の実施~野菜栽培技術コースにおける仮想技術普及会議 第71号(2010)
インターフェースを考える はじめに 第85号(2014)
普及員~農民と研究者をつなぐ 第86号(2014)
異なる組織間をつなぐ 第87号(2014)
人と自然をつなぐ~インタープリター 第88号(2015)
人と情報をつなぐ(89/2015) 第89号(2015)
つなぐことの意義(90/2015) 第90号(2015)

◇自然資源管理・環境◇

自然と人間の共生~21世紀への道 始めに 第19号(1998)
屋久島のゼロエミッションの試み 第20号(1998)
ジンバブエのパーマカルチャー 第21号(1999)
桶ヶ谷沼の自然と管理 第22号(1999)
フィリピン・ボホール島のエコツアー 第23号(1999)
屋代村塾を訪ねて 第24号(1999)
湿地の自然環境 ケニアのタナデルタ 第23号(1999)
パキスタンのインダス川 第25号(1999)
ラトビアのルバナ湖 第27号(2000)
マングローブ生態系に学ぶ マングローブと国際耕種 第43号(2003)
アジア、中近東、東アフリカにおけるマングローブ生態系の重要性 第44号(2003)
オマーン国における専門家派遣業務 第45号(2004)
オマーンにおける開発調査業務 第46号(2004)
他の地域におけるマングローブ生態系保全の取り組み 第47号(2004)
沿岸域環境保全と地域開発 第48号(2004)
シリアの牧畜社会の変容と資源管理 牧畜民の定住化 第49号(2005)
バッガーラ族とアブド・アルアジズ山地 第50号(2005)
刈あと耕地との組み合わせ放牧利用 第51号(2005)
規則的遊動パターンの成立と山地草原植生への人為圧 第52号(2005)
配列的な草原景観の形成 第53号(2006)
将来の資源管理への展望 第54号(2006)
環境教育の現場から はじめに:環境教育の誕生 第79号(2012)
谷津干潟自然観察センター 第80号(2013)
ホールアース自然学校 第81号(2013)
グラウンドワーク三島 第82号(2013)
キープ協会 第83号(2013)
最終回:環境教育の課題と今後の展開 第84号(2014)

◇GIS・リモートセンシング◇

誰にでもできる国際耕種のリモートセンシング 画像解析シリーズ 簡単にはじめられるリモートセンシング解析 第1号(1995)
リモートセンシング用衛星と入手データの内容 第2号(1995)
解析によく使われる手法 第3号(1996)
衛星データを支える地上データ解析 第4号(1996)
国際耕種における今後の活用と方向性 第5号(1996)
国際耕種におけるさまざまなデータベース作成の試み 国際耕種のデータベース 第19号(1998)
表型式の数値型データの取り扱い~BASIC、ExcelからFilemakerへ~ 第20号(1998)
GIS(Geographic Information System;地理情報システム) 第21号(1999)
国際耕種のGIS活用事例 はじめに 第49号(2005)
パキスタンでの事例 第50号(2005)
タンザニアでの事例 第51号(2005)
オマーンでの事例 第52号(2005)
シリアでの事例 第53号(2006)
今後の技術協力におけるGISの活用 第54号(2006)

◇国際協力・草の根協力◇

ODAとNGOの連携~より効果的な国際協力を目指して 国際機関とNGO 第25号(1999)
我が国とNGO 第26号(1999)
国際耕種とNGO-我々の取り組み 第27号(2000)
国際耕種とNGO-ジンバブエでの取り組み 第28号(2000)
国際耕種とNGO-ジンバブエでの取り組み~その2 第29号(2000)
よりよいODANGOをめざして-援助は誰のために 第30号(2000)
幸せの青い鳥はどこに~あなたの欲しかったものは何ですか はじめに 第31号(2000)
WTOと市場経済 第32号(2000)
農的地域生活向上と地場産業の育成 第33号(2001)
商品作物を作らない村 第34号(2001)
何のために?そして、子供達の将来は? 第35号(2001)
エピローグ 第36号(2001)
草の根型協力を考える~国際耕種のアプローチ 今、なぜ草の根か?~草の根型協力の意義 第37号(2002)
ジンバブエにおける現地NGOとの連携 第38号(2002)
専門家と協力隊員との連携~シリアにおける試み 第39号(2002)
オマーンにおける現地住民組織との交流 第40号(2002)
ラオスでの取り組み 第41号(2003)
草の根型協力の目指すもの 第42号(2003)
開発調査再入門~変革期への対応、そして効率的運用とは 転換期にある開発調査 第37号(2002)
ハード型とソフト型~有益情報の発掘とスキームの弾力的活用 第38号(2002)
実証調査を含む開発調査 第39号(2002)
農業農村開発調査に求められるもの 第40号(2002)
事前調査の重要性 第41号(2003)
何のための開発調査か?~プログラム型アプローチへの思考転換 第42号(2003)
湾岸産油国に対する技術協力の実績及び今後の課題 湾岸産油国における緑化・農業分野での技術協力 第13号(1997)
日本沙漠開発協会による実証試験 第14号(1997)
国際協力事業団による水産養殖の実績及び今後の課題 第15号(1998)
民間ベースの技術協力 第16号(1998)
ドバイ市郊外修景緑化プロジェク 第17号(1998)
今後の課題 第18号(1998)
日本農業の今と国際耕種の関わり方 はじめに 第61号(2008)
生産現場からの報告~有機野菜の宅配から見えること 第62号(2008)
生産現場からの報告~地域生産者グループの活動と地域連携(岡山県牛窓)~ 第63号(2008)
地域の中での研修~自然塾寺子屋の活動と地域連携(群馬県甘楽町)~ 第64号(2008)
浜松発、ビジネスとしての農業とマーケティング(静岡県浜松市) 第65号(2009)
国際耕種の関わり方~始まりのためのエピローグ 第66号(2009)
取材先、それぞれのその後 第66号(2009)
プロジェクト評価を考える プロジェクトとその評価 第61号(2008)
プロジェクトとその評価 <その2> 第67号(2009)
社友の活動を訪ねて 有機栽培農家として自立をめざす社友の仲間たち 第62号(2008)
日本のエーゲ海「牛窓」での安心・安全野菜の栽培 第63号(2008)
自然塾寺子屋による地域活性化と国際協力 第64号(2008)
遠くて近い国の友人たち-国際耕種の研修フォローアップ事業 はじめに 第70号(2010)
帰国研修員たちの活動 第71号(2010)
帰国研修員たちの活動と今後の課題 第72号(2010)
援助からビジネスへ~支援から協働へ はじめに:経済的リターンだけでなく、社会的リターンを同時に追求する新しいビジネス 第73号(2011)
湾岸産油国の環境問題 第74号(2011)
シリアで灌漑資材店 第75号(2011)
日本の農業との協働 第76号(2011)
JICA 筑波帰国研修員との連携に“ビジネス”は考えられるか? 第77号(2012)
最終回:協働への道、国際耕種ならではの独自の専門性や技術を活かしながら 第78号(2012)
シリアの節水灌漑普及ツール 4つの普及ツールの開発 第79号(2012)
流量測定キット 第80号(2013)
灌漑早見表 第81号(2013)
灌漑手帳 第82号(2013)
デジタル灌漑手帳 第83号(2013)
節水灌漑の知識や意識を高めるために 第84号(2014)
帰国研修員からの報告
           (続く)
ウガンダとパキスタンの帰国研修員からの報告 第79号(2012)
ボリビアとマダガスカルの帰国研修員からの報告 第80号(2013)
中米帰国研修員活動調査報告 JICA筑波帰国研修員活動調査の背景 第81号(2013)
エルサルバドル帰国研修員の活動 第82号(2013)
ニカラグア帰国研修員の活動 第83号(2013)
研修内容の向上に取り組んでいきたい 第84号(2014)
ネパール帰国研修員活動視察報告 はじめに 第89号(2015)
本邦研修で習得した栽培知識技術の現地活用 第90号(2015)
農業普及員能力向上に及ぼす本邦研修の効果 第91号(2015)
四者が確かなネットワークで繋がっていくこと 第92号(2016)